GOYG ~ジャイアンツを応援しながら野球通になれるよう頑張ってます~

ジャイアンツファンのブログ。考察記録を残して野球観戦の経験値を上げようと奮闘中。

更新休止のお知らせ

仕事の方が多忙な事と近々引越しするため、しばらく更新をお休みいたします。

昨年無理に更新を続けていたら体調を崩した経験があるため、今年は健康第一でいきます。(Twitterではちょくちょく呟くかもしれません)

来週には落ち着いて更新再開できるかと思いますのでよろしくお願いします。

エース完封と4番の一発

巨人1-0阪神(東京ドーム)2020.08.19

 

阪神先発は高橋遥人。2週間前の対戦では、あのピッチャー増田登板の要因になる見事なピッチングで巨人打線を封じ込めた。

対する菅野も2週間ぶりに阪神と対戦。その時は勝利投手となっているが、6回にサンズに決めにいったスライダーをスタンドインされているので、投手戦が予想される手前警戒すべき相手となる。菅野は中5日での登板なので、どこまで投げれるかも注目だった。

 

高橋に対して、巨人は左を3人入れるオーダーで立ち向かった。といっても3人とも理由があって、不動のセンター丸に、菅野の女房役の大城、ライト守備が出来そうな松原といった配役なので、積極的に左を織り交ぜてきたかというと懐疑的。陽や小林がいたら右で固めたんじゃないかと思う。あとセカンド吉川大幾のチョイスが意外だった。最近の流れなら北村だろうけど、どんな思惑があっての大幾起用なのだろうか。

 

ライトに関しては石川という選択肢もあっただろうけど、前の試合でやらかしているので控えにまわっていた模様。抜擢された松原は、第1第2打席は粘ろうとするも空振り三振。第3打席で慣れたのか、センター前へチーム2本目となるヒットを放った。

打席での姿勢はこれで良いと思うのだけれど、三振の仕方が不格好なのと、盗塁が望まれるケースで走れなかった事には不満が残る。守備ではエラーがなく守備範囲も広めだったけど、捕球の仕方が危なっかしくて安心はできない。神宮で青木のセンターライナーを2塁打にした試合から変わってない印象だ。1軍の試合に出続ける中で成長してくれると理想なのだけれど、そううまくいくだろうかと期待と不安が。

 

チーム2本のヒットのうち、もう1本が4番岡本の一打。第2打席で高橋遥人の浮いたツーシームを逃さず捉え、左中間スタンドへ放り込む。先制と決勝点となる価千金の一本は流石4番で、良いところでしか打たない。それでもホームランダービー独走の17本目なので、現在長打率が.610と高い事からも、今年は長打狙いを心掛けての結果なのかもしれない。

 

巨人先発菅野は中5日とは思わせない、いつも通りの快調なピッチングを見せてくれた。この試合では1発が勝敗を左右する展開だったけれど、果敢にインコースを攻めてゾーンを広く使い、阪神打線を散発3安打に抑え込んだ。

四球も最終回にサンズに与えた1つのみで、ほとんどランナーがいない状況の安心したピッチングに終始し見事な完封勝利。打線が結局高橋遥人を攻略できていなかったので、こちらの先発が菅野でなければ落としていた試合だ。流石エース。

 

中でも対サンズには神経を使っていたように見えた。第1第2打席はスライダーを見せ球に使って、内外の投げ分けで抑え込み、ランナーを2塁においた第3打席では、球速遅めのスライダーで打ち損じさせて仕留めたように見えた。

第4打席は初級の渾身のスライダーで空振りが取れたため、その球がどこまで通じるかを試すように連投したら2球目と3球目は振らずにカウントが悪化し、立て直そうとしたらボールが外れて四球、といった具合だと思う。

様子から、菅野にはサンズを得意のスライダーで打ち取りたい気持ちがあるように思える。今後もこの対決を楽しみに見守っていきたい。

 

エースの完封と4番の一発という字面的には綺麗な形でカード初戦を奪った。

ただ復活したと思われた打線がまた下降線を辿っているので、パーラ不在の今またテコ入れが必要だと思う。そろそろ坂丸を戻した方が良いんじゃなかろうか?

菅野はこの試合完璧だったけれど、中5日での登板だったので、疲労を残さず来週の登板を問題なくこなせるかで真価が問われると思う。

とにかく1勝。中日との負け越しを引きずらずに良かった。

 

 

以上。

回顧と展望(2020.08.17)

5試合を行なって3勝2敗。

勝ち越してはいるけれど、中日への苦手意識が払拭できず終わったため順調とは言えない週だった。

 

菅野、メルセデス、戸郷、田口、畠と先発し、全体的に試合を壊さずよく投げていたと思う。2敗の要因はヤリエルと大野を打てなかった打線にあるので、今週もこの調子で投げてくれればひとまず安泰。けれど6連戦に戻り先発が1枚足りないため、どうやって穴埋めをするのか気になっている。

火曜日は菅野が中5日で投げる事が発表されたので、水曜日以降でどう対応するのか。2軍に目を向けると、この枠の候補筆頭だった桜井が大学生相手に5失点してしまう体たらく。今村は落としたばかり。野上は金曜日に投げたばかり。サンチェスは復帰延期。高橋優貴は3軍調整中。ディプランは行方不明。まともに埋めるとしたら消去法でルーキーの太田しか思い当たらない。けどここまで情報が何も出てきていないので、ルーキーが投げるという雰囲気でも無さそう。そうなるとまたショートスターターをやるのだろうか。

 

そう勘案していたら、報知から「ハッスルダンスローテ」なる全先発中5日プランが発表される。

考えないようにしていたけど、やっぱり強攻策だいくのね。今週良くても後々響いてきそうな気がする。無理強いして先発コケたらシワ寄せが好調なリリーフ陣にも及ぶので、期待より心配の方が遥かに多い。大丈夫だろうか?

 

心配事といえばもう一つ、パーラの離脱である。亀井と同様脚が悪いらしく、途中交代での運用をしていたが、日曜日にとうとう抹消。脚といっも色々な部位があるし、膝とかだったら長期離脱になりそうで不安。

 

ライトの代えがいればさして心配しなくても良いのだけれど、8月10日に陽(と重信)を抹消したたため、ライトの実績のある外野手が不足している。中日戦で石川が起用されたけれど既報の通りで、ライトはやはり守備に安定感のある選手を置いておきたい。

 

代わりに加藤脩平が上げられたが、それならすでに在籍している松原の方が信頼を置ける。言っちゃ悪いが数合わせだろう。このタイミングで立岡が上がってこないのは、まだ体調が完全ではないという事だろうか。

 

2軍の方ではモタが3軍から昇格するという動きがあった。オープン戦ではあんなに話題をかっさらってたのに、支配下登録されてからはカラッきし。阿部監督曰く、ハングリー精神を叩き直すため3軍に落としていたらしい。それがこの機にワンステップ登れたので、猛アピールをすれば1軍デビューがあるかも。右の外野手不足は問題としてあって、パーラ離脱で枠も余裕ができた。

 

今年の外国人枠はクセがあって、一度投手で4人埋めてしまうと、以降は投手3野手2という登録の仕方ができなくなる。現在1軍にはウィーラー、デラロサ、メルセデス、ビエイラの4人が登録中。ここに復帰が待たれるサンチェスが加わると投手4人で制約が発生してしまう。なのでそのタイミングでビエイラを落とすと思うけど、現状と同じく無駄に枠が1つ余ってしまうので、とりあえず野手のモタ入れとくかという流れはあり得る。

 

あとは新らしい外国人の外野手を取ってくる事も考えられる。ただ田中豊樹の支配下登録で枠が残り1つ。簡単に取るなら国内トレードなのだろうけど、パッと思い浮かぶのはオリックスのモヤかなぁ。ウレーニャ支配下という手もあるけど、多分9月末まで待つんだと思うし。

 

そんなこんなで今週まだまだ何か動きがありそうな予感。

 

※多忙につき今週は「火消しポイント」の記事はお休みします。

 

 

以上。

2週連続大野に完投負け

巨人1-4中日(東京ドーム)2020.08.16

 

先週の再放送のような試合内容で敗戦。中日先発の大野は中8日で元気いっぱい絶好調な投球で、丸に許したホームランのみの1失点完投。こちらの先発畠も4回までは大野と競り合うぐらい良いピッチングだったけれど、5回に連打で失点しまい負け投手に。2週間後にまた大野を相手にしなければならないと思うと億劫だ。

 

豪速球主体にチェンジアップのようなツーシーム、時折フォークとスライダーを織り交ぜて、大野は巨人打線を2安打に封じ込めた。

前回は5安打して北村のホームラン1本のみ、今回は2安打で丸のホームラン1本のみと、攻略どころか悪化している。何の対策もなかったのだろうか。

右ばかりの打線というのも、大野にペースを掴ませて良くなかったのかもしれない。今回の打線でいうとファーストに大城を置いてライトを松原にすればバランスが良くなっただろう。とにかく取りうるあらゆる策を講じないと次回の大野攻略は難しいと思う。

 

大野からヒットが奪えないためか、5回表の連打での失点とその内容が槍玉に上がっている。

巨人の畠がそれまでホームラン1本のみの1安打ピッチングで、ランナーを出していない好投を続けていた。

しかしこの回の先頭高橋周平にライト前へ運ばれると、阿部、京田、木下と狙ったかのように全員ライトへ連打を放たれ3失点を喫する。この中で物議を醸しているのが、阿部のライト前ヒットでのプレー。

 

この試合ライトでスタメン起用された石川が捕球すると、高橋周平が3塁を狙っているのに気づきサードへダイレクト返球。けれども間に合わず、さらにこの間にバッターランナーの阿部が2塁に進塁し、無死2・3塁のピンチを招いてしまう。巨人サイドは1点もやらせないために内野前進守備をするも、京田が放った通常ならファーストゴロかもしれない当たりが、ファースト中島の横を抜けていってライト線への2点タイムリーツーベースとなった。

 

もし石川がカットマンまでの返球に留め、阿部が2塁に進まずに無死1・3塁になったとする。1塁ランナーをケアするため中島はファーストベースに着いて前進守備ではなくなり、京田のゴロを捕球できていたかもしれない。強敵大野相手の緊迫した投手戦だっただけに、こうした些細なミスから傷口を拡げて失点してしまったのは悔やまれる。

 

畠もこの回からボールが真ん中に集まりだしていたので、ランナーを出すと制球が乱れる弱点があるのかもしれない。けど失点後も四球を出さずに6回を投げ抜けたのはかなり頼もしかった。是非次回の広島戦で今季初勝利を上げてほしい。

 

中日戦を1勝2敗と負け越してしまった。先発ピッチャーが揃ってきたのと、アルモンテと高橋周平の復帰で打線に穴が無くなりつつあるのが脅威だ。平田も戻ってきたらさらに強力になるので、中日は今後セ・リーグの台風の目になるかもしれない。

 

 

以上。

好機が転機

巨人4-7中日(東京ドーム)2020.08.15

 

前回クセ球に手を焼いてロクに打てなかったヤリエルロドリゲスが中日の先発。今回も手こずってしまい、中5日の相手に1点を奪うのがやっと。一方巨人サイドは5回以降ビハインドリリーフで綱渡りリレーを行い、回跨ぎした宮國が8回に盛大に捉まって試合が壊れた。打線がヤリエル降板後の中日勝ちパターン投手陣から点を奪うも、宮國炎上が響いて及ばず敗戦となった。

 

巨人の先発は田口で、全体的に調子は悪くなかったように思えた。初回の失点は不運な当たりによる出塁からのもの。4回のツーランは打ったビシエドが凄かったように思える。悔やむべきはビシエドの前の福田にストレートの四球を与えて出塁させてしまった事。初回のタイムリーは福田が放ったもので、巨人キラーとして名高いので意識しすぎたのかもしれない。

 

そのため田口が4回で降板する事になるのは出足からすると予想外だった。それは田口の出来以上に、相手の先発ヤリエルを意識せざるを得ない状況だったからだろう。

ヤリエルのストレートは、テレビからも分かるぐらい落ちたり曲がったり、時には変化しなかったりと、激しいクセ球だった。そのストレートを軸に縦横の鋭く曲がるスライダーを組み合わせたピッチングスタイル。けれど前回のノーノーペースとは違って、散発ながらヒットも出て毎回ランナーを出せてはいたので、中々点に繋がらない歯がゆい展開が続いていた。

 

この試合最大の好機と転機となったのが4回裏だった。

先頭の岡本が死球で出塁。続く丸も四球を選んで無死1・2塁のチャンスが舞い込んでくる。打席には好調の6番中島。ヤリエルの5球目の低めの直球を逆方向に弾き返し、打球がライトフェンスを直撃する。よしとりあえず1点、と思ったら、2塁ランナーの岡本が本塁生還叶わず3塁ストップで無死満塁となる。打球が低かったため、恐らく岡本はライトのアルモンテが捕球すると踏んで3塁へタッチアップできる位置で打球の行方を見ていたのだろう。それがフェンスに当たって丁度アルモンテの前に返ってきて、ノータイムで内野へ返球されたため、岡本は3塁止まりになったのだと思われる。

 

前に飛ばせば得点となる状況で、7番大城は何もならない空振り三振で一死満塁。続く尚輝は前進守備のおかげでポテンヒットが生まれて何とか1点を取り、尚も一死満塁の状況でピッチャー田口の打順を迎える。

前述の通り田口は悪くない出来だったし、球数もまだ60球。6回までは投げきれそうな余力だったので、打席に立たせて粘らせるだけ粘らせて結果三振とかで良いのかなと思っていた。けれどベンチは勝負を選択し、田口に代打田中俊太を送った。初見でヤリエルのクセ球に対応出来るのかと心配していたら、やはり前に飛ばす事ができず最後は縦スライダーで空振り三振。次の坂本は初球を捉えるもののライト正面のライナーでスリーアウトとなった。

 

勝負をかけて1点しか取れなかったため、3-1とビハインドのまま5回表に投手交代を強いられる。

ここから起用されたのは田中豊樹が1.2イニング、大江が火消しで0.1イニング、宮國が2イニング、鍵谷が1イニングだった。この中で宮國が2イニング目に捕まってしまい炎上、4失点で7-1と絶望的なスコアになる。田口が続投していれば豊樹も宮國もロングリリーフさせる必要はなかっただろうし、もっと余裕のある投手リレーになったはずだ。それだけに4回裏の賭けの代償は大きかったと思う。

もちろん炎上した宮國に非はあると思うけど、ランナーが溜まった時点で交代させなかったベンチの対応にも疑問は残る。デラロサが再登録後1度も投げていなかったので、9回に勝ってても負けてても調整でデラロサを登板させるとしておけば、8回に鍵谷を火消しで投入する事もできたはず。そうできなかった理由が何かあるのだろうか。

 

終盤に打線が中日の勝ちパターンから点を奪って追い上げられたのは良かった。それだけに継投失敗が悔やまれる。

この試合を通じてヤリエルがかなりの難敵であると認識されたと思う。再来週また再戦する事になるだろうから、3度目の正直で今度は打ち崩して主導権を握る試合をして欲しい。

 

 

以上。

ブログランキング・にほんブログ村へ